さすらいのWeb制作家、MAKOCHINがつづるブログサイト。
Web制作に関する知識を備忘録的に書いているだけのサイトです。
ほとんど自分で見るためだけに書いているような内容なので読みやすくはなっていませんが、Web制作のお役に立てれば幸いです。
ご興味のある方はどうぞ。

【HTML5】time要素について

Pocket
LINEで送る

HTML5におけるtime要素の使用例を紹介します。

time要素はグレゴリオ暦による日付と24時間表記での時刻を表す要素です。
日付を記述するのに必ずtime要素を使用しなければならないのではなく、time要素でマークアップすることにより、ブラウザや検索エンジンのクローラーに日時を正確に確認させることができます。

【使用例】

<p>更新日時:<time datetime=2011-05-31 pubdate>2011年5月31日</time></p>

【属性】
datetime → RFC3339書式での日付や時刻を指定。
pubdate → 親要素となるarticle要素の記事公開日時を指定。article要素がない場合は文書全体の公開日時となり、文章中のtime要素は1つでなければなりません。

カテゴリー:HP制作, HTML5

コメントを残す

コメント内容