さすらいのWeb制作家、MAKOCHINがつづるブログサイト。
Web制作に関する知識を備忘録的に書いているだけのサイトです。
ほとんど自分で見るためだけに書いているような内容なので読みやすくはなっていませんが、Web制作のお役に立てれば幸いです。
ご興味のある方はどうぞ。

【WordPress】Twitter自動ツイートプラグイン「WP to Twitter」

Pocket
LINEで送る

WP to Twitterは、WordPressで作成したブログで記事を公開したり更新したりした時に自動的にTwitterへツイートしてくれるプラグインです。

 使い方

1)WordPressの管理画面で、プラグインの新規追加で「WP to Twitter」を検索してインストールし有効化します。

2)管理画面の「設定」メニューの中の「WP to Twitter」メニューをクリック。

管理画面の設定メニュー

3)「WP to Twitter 設定」画面が表示されますので、Twitterへのアプリケーション登録を行う為、「Twitter アプリケーション登録ページ」へというリンクをクリック。

WP to Twitter 設定

4)下記の画面が表示されますので、ページ右上の「Sign in」をクリックします。

wp_to_twitter13

5)ログイン画面が表示されますので、使用するTwitterアカウントでログインを行います。

ログイン画面

6)「Create an application」画面が表示されますので、必要事項を入力します。

wp_to_twitter01

Name → 作成するアプリケーションの名前
Description → アプリケーションの説明
WebsiteCallback URL → WordPressのブログのURL

以上を入力したら画面下の方へいき、「Yes, I agree」にチェックを入れて「Create your Twitter Application」ボタンをクリック。

 wp_to_twitter02

7)アプリケーションが完了しましたら、「Permissions」タブをクリック。

wp_to_twitter03

8)「Access」の「Read and Write」にチェックを入れて、「Update settings」をクリック。

wp_to_twitter04

9)「API Keys」タブをクリックし、表示されたページの「API key」と「API secret」の値をメモしておきます。

wp_to_twitter05

10)次にページ下の「Your access token」の箇所の「Create my access token」ボタンをクリック。

wp_to_twitter06

11)Access Tokenが作成され、「Access token」と「Access token secret」が表示されるので、この値をメモしておきます。

wp_to_twitter07

これでアプリケーションの準備は完了です。

12)「WP to Twitter 設定」画面に戻り、メモした4つの値を入力して、入力したら「Twitterと連携」ボタンをクリックして下さい。

wp_to_twitter08

次のように表示されればTwitterとの連携は完了です。

wp_to_twitter09

プラグインの設定

少し下にいくと「Status Update Template」というブロックがあります。
記事を新しく公開した時や記事を更新した時にツイートを行うのかどうか、またどのようなツイートを行うのかテンプレートを設定することができます。

wp_to_twitter10

デフォルトの設定では新しく記事を公開した時と記事を更新した場合にツイートされるようになっており、「#title#」のところに記事のタイトル、「#url#」のところに記事のURLが挿入されます。

自分のブログに合ったようにカスタマイズし、「Save WP to Twitter Options」をクリックすれば変更が反映されます。

以上でtwitterに自動ツイートされるようになります。

カテゴリー:プラグイン, WordPress

コメントを残す

コメント内容